postheadericon わきがの予防法と治療法

わきがの予防法と治療法を紹介します。
まずはわきがの原因を説明します。
わきがは腋臭症(えきしゅうしょう)という疾患で、脇の下の汗の臭いが独特な刺激臭を発して社会生活上さしつかえることです。
原因は、汗にありますが汗が体から出る汗線は2つあり、エクリン線とアポクリン線といい、エクリン線は、ほぼ全身の肌に存在している汗線で、特に頭や顔、背中などに多く、エクリン線から出る汗は肌の表面にある汗孔(かんこう)という穴から排出されます。
その成分は酸性で99%が水です。

もう1つのアポクリン線が、わきがの原因となる汗線で、脇の下や耳、乳輪や陰部に存在している汗線です。
アポクリン線から出る汗は毛穴から排出されます。
その成分はアルカリ性で水分は70%~80%で、水分以外にはタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれていて、その汗を皮膚の表面にいる常在細菌によって分解されるときに独特な刺激臭を発生させます。
つまり、アポクリン線から出る汗と細菌が原因なのです。

予防法は、皮膚を清潔にすることで、剃毛や脱毛も汗線を清潔に保ち予防効果があります。
肉類や乳製品の過剰摂取はアポクリン線を活性化させるので食生活の改善をします。
また、市販の制汗剤もうまく活用して予防をします。

治療法としては、クリニックでの治療になりますが、軽度の治療には、クリニックで処方された塩化アルミニウムを外用薬として使用したり、ボトックスを脇に注射することで発汗自体を抑えて治療します。
重度の治療では、クリニックでアポクリン線を除去することになります。
最近はクリニックによって様々な手術療法がありますので専門の先生に相談して治療していくと良いでしょう。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
May 2017
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031