postheadericon わきがの治療や予防

人体から発生する悪臭の中でもわきがは特有の臭気を持つため、対人関係が重視される現代社会では忌避される傾向があります。
多くのエステや美容外科クリニックではわきがの治療を行い、利用者が増加しています。
わきがはわきの下にある汗腺の一種のアポクリン腺から分泌される液体が、皮膚や体毛の雑菌に分解される際に発生する悪臭を指します。
年齢や性別を問わずに誰でも発生する可能性があるので、日頃から体調管理に気を配り、悪臭の拡散を防ぐための工夫が必要になります。

わきがの治療で最も一般的な外科治療は専門の設備を備えたクリニックで受けるのが一般的です。
専門の医師による外科治療はアポクリン腺を除去するので効果が高い一方、術後のケアに時間を割く必要が生じる欠点があります。
また、手術の傷跡が残ったり、未熟な処置で却って状態が悪化してしまうケースもあるので、クリニックでの手術は身長に判断する必要があります。
近年では薬剤を注入する方法も普及していますが、個人の体質によっては薬剤が使用できない場合もあるので、安全性の確認が不可欠です。

わきがへの対処法はクリニックでの治療行為以外に、日常生活での衛生管理による予防法も存在します。
特有の悪臭は皮膚上の雑菌による分解で発生するので、日頃から汗を拭い取ったり制汗スプレーを使用するなどの工夫を施すことで悪臭の発生を軽減させることが可能です。
また、衣類を清潔に保つのも効果的な方法なので、生活習慣を見直すことが状態の改善に繋がります。

postheadericon わきが治療

わきがは、自分ではなかなか気づきにくいもので、治療は外科手術を受けなければ治すことができません。
一般的に行われる改善策は、脂質の摂取を控え、抗菌作用のある野菜を中心とした食事療法やデオドラント剤の使用、吸水性やドライ機能を備えた衣類を着用するなどがよいと言われていますが、治療ではないので根本的に改善することができません。
わきがは、脇の下にあるアポクリン腺から分泌される汗が菌によって分解され、たんぱく質や脂肪を多く含んでいるので菌が増殖してしまうことで臭いが発生します。

わきが治療は、クリニックで受けることができ、ローラークランプ法や超音波法、皮下組織削除法、ボトックス注射などがあります。
ローラークランプ法は、ローラーで皮膚を圧迫し、特殊な歯が付いた吸引管で皮膚の内側からアポクリン腺と汗腺を取り除きます。
傷を最小限に抑えることができる上、再発も低く、効果的にわきがを解消することができます。
超音波法は、脇下の皮膚をしわにそって数ミリの穴をあけ、管を通し、超音波でアポクリン腺や皮膚腺などを破砕しながら吸引します。
皮下組織削除法は、脇の下を1センチほど切開し、皮下組織削除器という先端に剃刀がついた専用の器具で汗腺を取り除きます。
ボトックス注射は、ボツリヌス菌から作られるボトックスを注射して筋肉を収縮させて汗腺を細くして汗の分泌を抑えますが効果は半年ほどしか持続しません。

わきが治療を受けるクリニックは実績豊富なクリニックを選び、カウンセリングやサポートがしっかりと行われているクリニックで受けると安全です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2016
M T W T F S S
« Jun    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930